[  お客様コメント  |   client list  |   sample packages  |   contact us!  |   staff essays  |   local information  ]

<--- お客様コメント
<--- Fishing

Soda Lake フライフィッシング

50cm以下はリリースしなければならないというワイオミング州ソーダレイク。初めての旅は,日本からソルトレイクシティーを経由してジャクソン空港を目指す。飛行機が次第に高度を下げていくと,眼下に緑の絨毯が広がり,蛇行しながら流れるフラットクリークが平原を二分する。ちょっと腰が浮き気味になるが眼前には4000m級のティトン連山の大パノラマが広がり,圧倒される。その裾野を縫うように流れるのがスネークリバーだ。空港から車で約2時間,目指すソーダレイクはスネークリバーの支流・グロスヴェンチャーリバーの最上流域にある。このグロスヴェンチャーリバーも有名な釣り場で,日本の釣り番組でも紹介されている。小高い丘を4WDで越えると忽然と木立の間に現れるのが周囲2~3kmのソーダレイクである。解禁は5月下旬であるが,ベストシーズンは7月,8月と以外に短い。冬季には数mにも及ぶ積雪があり春の目覚めは遅く,9月には雪が降ることもあるという。無風であれば,湖岸近くをクルージングしているカットスロートを簡単に見つけることができる。シーズン初期はダムセルニンフ#12・14,盛期にはカディス#14・16がよい。ドライフライで釣るコツはクルージングコースを見極め,1m先にフライを落とし,40cm位に近づいたところでラインを少しだけ引きフライを動かすことだ。釣り人の怖さを知らないカットスロートは躊躇いもなく,ゆっくりとした動作でフライを飲み込む。運が良ければ夕方にはカディスの乱舞と雨のようなライズを目にすることができる。日暮れは9時頃なので湖岸でのキャンプか,近くの観光牧場に宿泊することをお勧めします。翌日にはグロスヴェンチャーリバーでフィッシングも可能です。

- Mr. T. Kanuma


Copyright © 2005 Wild West Adventures, Inc.