[  お客様コメント  |   client list  |   sample packages  |   contact us!  |   staff essays  |   local information  ]

<--- お客様コメント
<--- Nature Activities

夏のアドベンチャー旅行
イエローストーン・グランドティトン

―これがイエロ-スト-ン―

大火災から16年目の広大な国立公園イエロ-スト-ンがゆっくりと快復する様子を確かめられて感動でした。立ったまま枯れていく木々が少しずつ倒れていくことによって優れた肥料を供給し続けているとは考えられなかったことです。バッファロ-やエルクなどの草食動物は火災前には林だったエリアが草原となり食糧不足から救われたことも・・・焼け跡の若々しい緑いっぱいのロッジボ-ルの木々が全体が豊かになりつつあることを教えてくれました。どこまでもどこまでも続く深い森,蛇行して流れるリバ-、快適なドライブ、自然を満喫できるってこのことです。走りやすい道、歩きやすい遊歩道がどこまでも続いています。主役は森と動物たちですがそこにいるわたしも幸せでした。

公園の中でもっともポピュラ-なオールドフェイスフル、大小様々な間欠泉,色とりどりの温泉プール、あの,吸い込まれてしまいそうなモーニンググローリープールの色はとっても不思議でした。マンモスカントリーでは温泉がつくり上げた石灰岩のテラスマウンテンが幾重にも重なった巨大なデコレーションケーキのようで魅力的でした。 ラマバレーで出合ったバッファローの冬毛はもう落ちたかな?動作は鈍そうだが,路上を走っている時はすこぶる速いのにも驚きでした。あれから1ヶ月、もう シンボルマークのようなかっこいいバッファローに変身できたことでしょう。

  ― これがグランドティトン―

宿泊施設はどこも木をふんだんに使い周囲の景観に溶け込むように建てられていて快適でした。 特にジャクソンレイク傍の Lodgeは眺望抜群で気に入りの宿でした。  

<そこでちょっと心残り>

周りを見渡すとキャビンに泊まっている人たちはのんびりと外のいすに座って本を読んだりおしゃべりをしたりしているのです。わたしたちは3泊もしながら、ばたばたと急ぎの時間を・・・湖に浮かぶボートや山々を眺めながら絵葉書でも書けたらよかったかな?  

<初体験でわくわく> 

一番の思い出は乗馬ツアー。馬の背に揺られて2時間のトレッキングなんて夢の夢でした。「初心者でもOKよ。」の三好さんの声も信ぜず不安いっぱいでの挑戦でしたが今では次回の体験はいつできるかな?と。  

<映画「シエーン」とグランドティトン>  

忘れがたいラストシーンの撮影現場に立ってグランドティトンの山々をカメラにおさめたとき、幻の叫び声がこだましてくるようでした。帰って再度映画を見てまた,感動でした。そびえたつ山々は50年たった今でも変わりがないのです。  今日、三好さんからいただいたスケジュール表をまた、旅の記録をゆっくりと読み返して見ました。 今までにない今回の旅のよさを改めまして感じ取りました。ツアーではできない充実した精選された内容の旅をありがとうございました。

By:  Ms. Emi Suzuki


Copyright © 2005 Wild West Adventures, Inc.