[  お客様コメント  |   client list  |   sample packages  |   contact us!  |   staff essays  |   local information  ]

<--- Staff Essays
<--- Nature Activities

イエローストーン生態系の四季

イエローストーン国立公園を囲む生態系は海抜 1600mから 4000m に亘り、場所も草原地帯から森林地帯、乾燥地帯から湿地帯と様々だ。 州もワイオミング、アイダホ、モンタナに跨り四国ほどの広範囲にわたる。 同じ時期でも場所によっては咲いている花に大きな層がある。海抜3000mのベアトゥースハイウエイではやっと6月に高山植物の花が咲く。 ここでは一般的に目立つ花を季節によってメモすることとする。

5月に公園が開き、雪渓が後退し始めると先ずヒエンソウの濃紫紺、ハコベの可憐な白い花、黄色いグレーシャーリリー、可憐なシューティングスター、バターカップ、黄色や紫のスミレなど、紫、白、黄色の小型の花が咲き始める。 6月半ばころからはアローリーフ・バルサムルートの鮮やかな黄色い花が野を染める。 よく似た黄色いアーニカも混じり、圧倒的に黄色い花盛り。野いちごも地に這って白く可愛い。木苺類の花も咲き始める。7月の半ばになると道端でファイヤーウイ-ド、アスター、ヤロー、黄色い花ではゴールデンロッド、ラビットブッシュ、カラスエンドウ、クローバー類、紫の花では何と言ってもルピナスが群を抜いて多い。キジムシロ類、忘れな草、キキョウランの類、そして鮮やかな朱色のインディアンの絵の具筆、ゆり科の花、アヤメ類。 森に入ると ユリ、ランやキキョウ、リンドウ類の花々が咲いている。中でも印象に残るのはイエローストーンの園花 フリンジド ジェンティアン 紫色の大ぶりなリンドウだ。 温泉が流れる傍らに美しく咲いている。 8月に入ると日中の気温が30度前後になり、雨も時折の通り雨で最も乾燥する時節に入る。 8月の半ばから低地ではクローバー系の花が多くなるが森林や湿地帯ではまだ7月に見た花がある。あちこちでハーレムを守る立派な角のエルクを見かける。

9月になると山々は薄化粧をはじめ、下界にも降雪をみる。 積もってもすぐに解けるが、だんだんと土が凍結に向っているのがわかる。 アスペンの葉が黄金に、ピンクに燃え、潅木が真紅に紅葉するのは9月の半ばころから。 10月になるとアスペン林は葉を落として輝く白い林にかわりロッジポール松の深い緑の森から浮き上がって美しい。柳科の潅木は暗褐色から紫色に色ずき湿原の柔らかいクリーム色と対象をなす。動物達は冬の黒っぽい毛皮で見を守る。

11月半ばからスキー場がオープンし、ゲレンデは夏の間、乱舞していた花にとって代わり雪の結晶が花のように降りしきる冬が訪れる。雪は4月まで降りしきり、5月には春の気配の中、まだ降り続き、6月になっても霙や雪が降る日もある。 短い春は冬将軍から辛うじて勝ち取った暖かい太陽の賛歌。 渡り鳥がイエローストーン生態系に舞い戻り、動物達はスミレが咲く野原で新芽を食み出産をし、夏を迎える。

三好美祢子
Director, Wild West Adventures, Inc.
Executive Director, Teton Valley Chamber of Commerce
山口県出身
アメリカ在住 40 年
連絡先: P.O. Box 971 Driggs, ID 83422 U.S.A.
wwa@pdt.net


Copyright © 2005 Wild West Adventures, Inc.